FC2ブログ

無節操一本勝負

敵か味方か・・・深まる謎

佐原 義連

保廷4年(1138年)、 三浦大介義明の七男として三浦半島に生まれる
現在の横須賀周辺にある『佐原』を領したことから地名を苗字にし、佐原十郎義連と名乗った
また、その官職から、佐原十郎左衛門尉とも称する

源頼朝の挙兵の際には、父義明、兄義澄等と共に付き従う
一ノ谷の合戦では、搦手の源義経の麾下に加わった
「平家物語」によれば鵯越の奇襲戦の際に
「我等が三浦では、鳥一羽追うにも、朝夕かような所を駆け巡っております
我等にとっては、これは三浦の方の馬場ぞ」

と言い放ち、真っ先に崖を駆け下り、戦功を立てたという

文治5年(1189)源頼朝の奥州藤原氏征討に従軍
軍功により会津門田庄を賜る
(『会津旧事雑考』では会津四郡・『吾妻鏡』には明記なし)

後に和泉・紀伊両国の守護に任ぜられた
頼朝の寝所近辺を警護する武士に選ばれるなど、頼朝の信頼は篤かったという


で、この人が前回の大蛇を退治した人ね
沼に引き連れた家臣が、記述によっては十数名から50名までと、景気良く変動している
伝説って物には尾ひれがつくものだから、少ない方が現実味がありそうな感じがする
大蛇に飲み込まれて、家臣が毒でばたばた死んでいく中、この人だけ平気だった
兜に仕込んだ一寸八分の守本尊聖観音の御利益で、蛇毒も平気だったとか
で、蛇の腹をかっさばいて出てきたと
実に嘘臭ぇ話だが、伝説と言うものは、一抹の事実が紛れ込んでいるものなんで、観音像は実際に兜に縫い付けていたのかもしれない

その観音様は、どこぞに奉られているとかいう話を聞いたような気がしたが、これを書いている時点で情報の入手が出来なかったゆえ、事実確認は保留とする

で、下の写真は、耶麻郡熱塩加納村にある墓

20050130055319.jpg

この墓は昭和31年に県重要文化財の指定を受けているそうなんだけど、自分の墓が研究の対象となってしまったこの人の心中やいかに?
この世に霊がいるとしたら困惑してると思うぞ、絶対


んで、この人の子孫は会津に根付き、葦名と名を変え、元気に守護大名をやってましたとさ
伊達に滅ぼされたけどね
その滅亡に際し、埋蔵金伝説なんぞあったりする
が、そんなカネあったら滅んでないよなぁ
ゆえに、埋蔵金なんてバカの妄想に決まりっと

  1. 2004/12/24(Fri) 05:54:37|
  2. 歴史、伝説|
  3. Trackback:0 |
  4. Comment:0
<<不特定多数への質問状 | HOME | 沼御前>>

Comment

コメントとかー

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
http://sirojiro.blog1.fc2.com/tb.php/71-a18bd6be

しろじろ~

管理者に連絡

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

分類

過去ログ

リンク

イントロダクション

検索