FC2ブログ

無節操一本勝負

敵か味方か・・・深まる謎

天皇杯予選日記

2009年7月19日
今日は天皇杯予選の日

色々あった末に現地に到着し、試合場に到来
試合開始は当初の開始予定だった13時を多少超えるらしい

で、13時15分に試合開始
今日の天候はちょっと降った雨が上がりたてというコンディションで、異様に蒸す
ただ居るだけで暑くて暑くて、イヤになるね
汗がダラダラ流れる中、試合開始となった


今日の対戦相手は富岡高校
って、高校生っすか
体力的には高出力が見込める年齢だけに、ワザでいかに翻弄するかがキモか
関係ないが、当初「染岡高校」と聞き違っており、ソメオカイレブンキタ━(゚∀゚)━ !!と、一人脳内で盛り上がっておりました

開始1分から早速攻め入り、コーナーキックを得る
梅津ゴールのコールが鳴り始めるが、序盤からそうは虫のいい展開にはならないようで

それはそうと、富岡高校はこのクソ暑い中長袖だよ
昨日試合があって、昨日の今日で乾いてないんじゃないかという話が出て、それなりに納得する
長袖のユニフォームなんてあまり見ないが、それなりのレベルのチームや冬も試合する高校生だと持ってることが多いとか、おかださんが解説してくれた
ちなみに我がプリメーロは半袖のみ
えーっと……袖の下は通じぬチームという事でひとつ

途中、スローインの判定が不可解で、梅津選手が多いに吠える
結果、主審が副審と協議した末に判定が覆った
初めて見たよ、そんなの
覆ったと言うよりは、正しい判定になったというコトだけどさ
自分ボールが相手に渡っちゃ吠えるわな

13分
GKと一対一という状況になったが、外される

20分に給水タイムが挟まれる
試合を止めて選手全員がラインの外に出たから、何が起こるのかと思ったら、給水デスカ
相手が高校生だと、極めて慎重になるんだなぁ

22分、それなりの大チャンスになるが生かせず
それでも、コーナーキックに繋がったんで悪くは無い
結局得点には繋がらなかったんだが

富岡高校応援席の小学生
「富岡高校 だだんだだんだん」と「だだんだだんだん」の部分でイスを叩く
しばし聞いた末に、「テーハミング」の節じゃないかという声が上がる
あー、そうだそうだ、例のアレだよこの拍子
それはそうと、小学生からモノを叩いちゃイカン
手を叩け

27分
こちら側の選手があからさまにハンドっぽい状況になった
おかださんがコレについて、「びっくりするほどハンド」とコメントしていたが笛は鳴らず
審判に気付かずにやる反則は高等技術と言うが、これは単に審判がトンチキなだけじゃないのか?

31分にコーナーキックを取られる
これはしのいだものの、33分に失点を喫す
この時点からイヤな空気が流れ出す
過去の試合、そして今年のリーグ戦を顧みるに、ヤバくね?
結局イヤなムードのまま前半40分を終え、ハーフタイムに突入する

さて、対戦相手の富岡高校に対する評だが、おかださんは「凄くオーソドックスな高校生サッカーを展開するチームだ」と評していた
高校生の試合を見る機会が少ないんで、なかなかピンとはこないが、そういうものなんだろう
しかしおかださん、解説が板についてるなぁ
キン肉マンでいうとテリーマンで、男塾で言うと雷電のポジションですよ、そこ
おかげで大変助かります


で、後半開始
富岡高校の面々が半袖で登場
あるなら最初から着ろよとか言うのは禁句なのか?
2分、12分、13分、27分とで、それぞれCK、FK、CK、CKとのチャンスを得るが得点には結びつかず、イヤな空気が圧縮されていく
天気も当初の曇りから小雨に変化しているし、あらゆる意味でロクなもんじゃない
だが、そんな中後半29分に起死回生の1点ゴールを得る
…と思ったら笛
オフサイドだかファールだか笛の原因となったトリガーはよくわからなかったが、その判定で揉めている事は確かだ
だが、最終的にはゴールを得るという事で決着
よし、これで同点だ

選手交代
16番の金澤選手から10番の鈴木選手へ
かくして試合は続行する

31分
コーナーキックからさらにコーナーキックと、チャンスは続く
凄く惜しく、弾道まで入る軌跡を描いた玉も得点には結びつかず
34分にも同様のチャンスがあったが、36分に一点ピンチ到来
ヒヤヒヤするようなシュートが送り込まれたが、ワクに当たってクリア
危ないもんだ

後半のロスタイムは4分
って、長いな
どんだけグダグダしてたんだという話になるが、後半もきっちり給水時間があったしねぇ


前後半80分を終え、延長線に突入する
リーグ戦じゃ延長はないんで、なんか新鮮だな
延長も前後半制で、それぞれ10分づつ
そして全部終わって同点だったらPKで勝負を決めるそうな


延長前半1分に、バックパス疑惑のボールがキーパーに渡るが、審判はスルー
今日の主審はどうもフシアナ・アイが標準装備らしい
混戦でがちゃがちゃやってても笛を吹かないしね
副審は尋常じゃないほど情熱的にオフサイドを取るのにねぇ

6分にピンチ到来
コーナーキックを取られるも、クリア
その2分後、今度はチャンスが転がり込んでくる
そのチャンスそのものは生かせなかったものの、続いて得たコーナーキックから値千金の1点を得る
この時間のこの一点は決定的な数字でしょ

で、ハーフタイムらしいハーフタイムも無いまま、延長後半に突入
あとは如何にこの一点を守るかが課題だな

12番の石井選手に代わり、7番の緑川選手が投入される
後は一度だけコーナーキックを取られたが、ピンチらしいピンチはその程度
まぁ、チャンスも無かったんだが

後半8分に相手側キーパーが凄く前進してヤバげなボールを阻止したのが話題になった
あの思い切りはイイ、凄くいい
聞けばあのGKは、一昨年にプリメーロに在籍してGKをやってたGKだったとか
いつの間にかフェードアウトしてたと思ったら、こんな所を守ってたんね

最終的に試合はそのまま動かず、今回は2-1での勝利となった
天気も曇ったり雨が降ったり一転晴れたりと、ロクでもない環境の中だったけども、よく頑張りました
これで明日、中0日でまた試合だそうな
明日は対アビラーション戦なワケだが、あっちはシードで最初の試合
そんな相手をイコールコンディションで戦えないのは悪意ある試合編成だよなぁ・・・

とまぁ、明日はともかく、今日は勝てたんで素直に喜ぶとしましょう
  1. 2009/07/19(Sun) 23:59:59|
  2. 長編日記|
  3. Trackback:0 |
  4. Comment:0
<<全力警備日記 | HOME | 予選&飲み日記>>

Comment

コメントとかー

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
http://sirojiro.blog1.fc2.com/tb.php/3007-15eaa16a

しろじろ~

管理者に連絡

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

分類

過去ログ

リンク

イントロダクション

検索