FC2ブログ

無節操一本勝負

敵か味方か・・・深まる謎

ぷらふく日記

本日はFCプリメーロの4戦目が開催される
会場は郡山市役所西部サッカー場
この場所で試合を見るのは初めてなので、場所がよくわかってない
ナビに導かれるままに会場に到着し駐車場に車を停めるも、まわし姿の小学生がウロウロしている
もしくは剣道の稽古着の小学生がウロウロ
こりゃ違う、絶対違う

大まかな座標は合っているはずなんで、オーディオを切り、窓を全開にする
当然のように太鼓の音が聞こえてくる
その音を頼りに移動を行い、応援席まで到着した
これがサポーターの有効利用ってヤツですかぁ!?

で、当方が到着したのは開始から12分後
今日の対戦相手は仙台中田クラブ
中田クラブのレジェンドであるところの佐藤英二選手は最初から参加しているらしい

現在の点差を聞くと、いがらしさんが「30点入れちゃったよ」、と語る
とりあえず、最終的に判明するまでのお楽しみとしておこう

で、当方の到着後から6分後の前半18分に1点を失う
見た感じそんなに攻め方は悪くないんだがねぇ

次の動きは前半30分
ラッキーなのか狙ったのか、シュートを補正するカンジでボールが動き、不思議な得点が入る
これで同点
これはスコア的にもシュートなのかアシストなのかが不明
とりあえずは喜んでおいて損はあるまい

んで、その謎シュートからわずかの前半33分
コーナーキックからの得点をもぎ取る
これで逆転成功
応援席も大いに盛り上がる

その後、黄色を貰ったりきわどいファールを取られたりするも試合は動かず
前半終了間際のロスタイム中に中田側にレッドカードが炸裂する
ここでフリーキックを得るも得点にはならずに前半終了
2対1で折り返しとなった
なお、当方登場前に取った未知数な点があるかもしれないが、この際無かった事として数える

今日は元々来れない予定だったんで、ぷらふく特設リングに居ながら応援用のユニフォームが無い
そこで、いがらしさんの提案により青と白のチェック旗をマントさながらに羽織る事になった
チェックの生地で身を覆うワケだが、チベット旗を中国旗で覆うテレビ映像を思い出したのでそれ以上の思考を中断
コンセプトが「ちょっとバリエンテっぽく」というのが少々アレだが、プリメ色に近づいたんでいいや
バリエンテといえば、グリフォンとは何ぞやとかいう話題になった
大体のイメージは思い出せたが、細部に自信が無かったんで発言を自粛
とりあえず、詳細はこんなもんで→(WikipediaGoogle イメージ検索

ところどころで聞こえる「最後の応援」とか「今日で最後なんだから」とかいう単語が気になる
それ以前に、当方到着以前に獲得したハズの未知の点も気になるんだが
謎を呼びながらも後半開始

後半1分にあれよあれよと得点が入る
さらに後半2分でフリーキックからの得点が入る
これは一度蹴って、跳ね返ったところを本人がリバウンドという、綺麗な得点だった
最初の謎シュートよりも、やっぱりこういう入れ方のほうが安心して見てられるよなぁ

点差が開いてきたんで、ここいらでプリメーロの終身名誉サブ(背番号33)登場か?という話題になる
登録はされていてもユニフォームを貰ってないらしいのがちょっとアレだが
なお、厳密に言うと選手登録はされていても、当日のメンバー枠に入ってなければ出場できないらしい
杓子定規なルール適用は無粋極まるもんだ

後半5分に試合エリアを越えて飛んできた球が1階関係者席に飛来する
2階で見ている当方らのやや前方下部くらいで「アッ」という声が聞こえるもゲームに影響無し
そらそうだ

後半9分に1点を失う
当方のメモには-1とだけ書いてあるような、点が動いた以外は地味なシュートだった模様
まだ慌てるような時間じゃない

でー、点が動かぬままに時間は進む
「今日の審判は帳尻あわせが巧い」とはいがらしさんの評
前半あれだけ取っていたファールも、後半は鳴りを潜める
前半で赤を出してるから、帳尻を合わせているんだろうとかなんとか
さすが観戦のベテランは見る目が違うな

後半も半ばを過ぎ、交代でMFの梅津選手が入る
ここまで選手交代は少々あったが書かなかったんだが、わざわざ書きたくなるくらい応援席が妙な熱気に包まれる
梅津選手は妙に浮いた色のシューズで登場
これでもかと言うくらい傾いた色合いの靴は本人特定が容易すぎる
応援席もヤケクソ気味に声援を送りっぱなしで、良くも悪くも注目の選手なんだな
本人がボールに絡まない時にも声援継続だし

結局そのまま試合は動かず、終了
最終的に未知の点は存在しなかったことが判明し、4-2での勝利が確定する
これで今期3勝目か

その後、かつ丸新さくら通り店にて、丸山社長のご厚意により例のように反省会兼お食事会が開催される
今後の方針とか、レッズに見る常識とかに端を発し、理想論の前に立ちはだがる保守的な福島の県民性と現実論
いがらしさんとYaさんを中心に議論が成立するが、ある一定の点で振り出しに戻る
熱だけが上昇したままでしばらくエンドレスの状態となり、見ていて危なっかしかった
が、それ以上でもそれ以下でもなく話は無事に着陸点を見出し、討議終了
その危うさゆえか、参加者の多くが話に混ざって行き難かった

あとは、観戦する際のマナーや、ヤジの抑止等を話し合ったか?
何か忘れてる気もするが、当方に完璧を期待しちゃいけない、という事で

そんなこんなで反省会は幕となり、解散
これにて今日の観戦は終了となりましたとさ

ああ、そうそう
ところどころで聞こえた「最後の応援」や「今日で最後なんだから」とかいう単語なんだが、最後というのは、たまたま次回の参加者が少ないという事らしい
来週のグルージャ戦は当方も来れないんで人のことは一切言えないんだが
事実上ホームゲームでは一番応援合戦が心地いいんで、参加したかったんだがねぇ

とまぁ、今回の観戦記はこんなカンジでしたとさ
  1. 2008/05/25(Sun) 23:58:14|
  2. 長編日記|
  3. Trackback:0 |
  4. Comment:2
<<適当日記 | HOME | 青紙日記>>

Comment

地域密着
なるほど、あの怒涛の応援はそういう理由だったんですね
遅刻したんでその辺の状況とかがわからぬままだったんで、今初めて理由がわかったですよ
反省会に関してはまぁ、今後を考える上ではそういう事も考えなきゃならないな、と
とりあえず、応援して地域に安定して根ざすことを目標に今後も頑張っていこうと存じます
  1. 2008/06/01(Sun) 08:39:53 |
  2. しろじろ~@管理者 #- URL
  3. [ Edit]
おつかれさまでした。
梅津選手ですが、彼がコーチをしている高校のサッカー部の子たちが来ていたので大盛り上がりしたのですよ~
それに応えるあたりがまた彼らしい所で、ついつい私も気合が入ってしまいました。

反省会もおつかれさまでした。
考え方あれこれ言っちゃうと頭がこんがらがるので
まずは出来ることをやる、という所が落としどころかなと
個人的には思ってます。
  1. 2008/06/01(Sun) 01:36:11 |
  2. おかだ #- URL
  3. [ Edit]

コメントとかー

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
http://sirojiro.blog1.fc2.com/tb.php/2322-83eb9aa4

しろじろ~

管理者に連絡

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

分類

過去ログ

リンク

イントロダクション

検索