FC2ブログ

無節操一本勝負

敵か味方か・・・深まる謎

聖徳太子の肖像

一昔前のお札の肖像画といえば聖徳太子である

この肖像画は、法隆寺に伝えられ、天皇家に献上された「聖徳太子及二王子像」をもとにして描かれたものだが、矛盾点がちらほら見える

まず、手に持っている板状の棒
これは「笏」というモノで、天皇、公卿、役人などの儀服一式の1つで、威儀を正すためのものなのだが、これが用いられるようになったのは、孝徳天皇在位中の大化三年の事で、西暦に直すと647年の事と言われている
聖徳太子が死んだ年は622年だから、このオッサンが持っておるハズがないアイテムなのである

んで、服装だが、肖像の着ている服は「朱華衣(はねず)」といい、帽子が「漆紗冠(しっしゃかん)」という
朱華衣が礼服で、675年以降から登場しており、漆紗冠は朝服で、朱華衣を着ている場合には普通は着けない
(現代でいうと、礼服を着て制服の帽子だけかぶるようなモノだ。
警察官が、スーツに警帽をかぶった姿を想像すれば理解しやすいだろうと思う)

あとは顎髭だが、墨の色や線の流れを見ると、他の場所とはかなり違っており、後世の加筆である事が判明しているそうだ

結局この肖像画の人物は、聖徳太子その人ではなく、聖徳太子の死後、何物かをモデルに描いたものであるというのが真相らしい

*疑惑の聖徳太子像はこちら*
20050206063104s.jpg





追記
似たような例として、足利尊氏と伝えられている像がある
実はこれは尊氏の家臣の「高師直(こうのもろなお)」の肖像らしい

*疑惑の足利尊氏像はこちら*
20050206063029s.jpg
  1. 2001/09/27(Thu) 06:33:27|
  2. 歴史、伝説|
  3. Trackback:0 |
  4. Comment:0
<<マサユキ前線参加顛末記 | HOME | 激戦一の谷の戦い>>

Comment

コメントとかー

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
http://sirojiro.blog1.fc2.com/tb.php/100-6bca3138

しろじろ~

管理者に連絡

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

分類

過去ログ

リンク

イントロダクション

検索